« 6月27日 伊江島へ | トップページ | 6月27日 伊江島 その2 »

2007年11月29日 (木)

6月27日 伊江島 その1

T_dsc_7218_2

これが伊江島かぁ。

いつも海の上か、陸と言っても見下ろすような角度から見たことがなかったから、とても新鮮。

リーフがとってもきれい。

 

 

T_dsc_7224

うわぁ、すごいリーフ!

あんなに長い白砂のビーチがあるんだ。

 

 

T_dsc_7234

何だか絵みたい^^

 

 

T_dsc_7250

この山が伊江島だっちゅーの。

ではなくて、「伊江島タッチュー」と呼ばれる「城山(ぐすくやま)です^^

この山を上から見ることがあるなんて、2001年に初めて本部に行ってから、一度も想像もしませんでした。

右上のオレンジ色が見えるところがフェリー桟橋。

 

 

T_dsc_7267

滑走路だ。

あれ?でもヘリだから滑走路は要らないよね?

 

 

T_dsc_7274

と、思ったら、あのオレンジの屋根の建物のある所に降りるのかな?

 

 

T_dsc_7275

やっぱり、そうだ。

屋根に何か書いてある。

「伊江島空港ターミナル」だって^^

ターミナルだって^^

いいねぇ^^

 

 

T_dsc_7281

はい、到着。

エアードルフィンの格納庫もあるんだ。

青空に黄色の機体が映える。

 

 

T_dsc_7300 

着くと、エアードルフィンの人と一緒に「ターミナルビル」^^に入ると、そこには空港の係の30代と思われる

男の人が一人いました。

そこでエアードルフィンの人が持ってきたA4のバインダーに挟んである運行記録みたいなのを見て、

なんか書いたりしていて、10分もしない内に飛び去っていきました。

 

タッチューと組み合わせて撮ってみました。

 

着いたら、タクシーで港に行くか、空港の近くに貸し自転車屋さんがあればそこで借りるか、と思っていましたが、

あまりの何にもなさ過ぎに、さてどうしてくれようかと思いました^^

 

空港の人に、「タクシーとかいないんですか?」と聞くと、「電話で呼ぶことは出来ますけど」と言った後、

「今日はたぶんもうフライトはありませんので港まで送っていきましょうか?」と言ってくれました。 

 

「たぶん」という言葉に不安を感じ、もし飛んできてしまったら、私のせいで業務に支障が出ることになるので、

「フライトは1日に何回くらいあるのですか?」と聞いたら「特に決まっていません」とのこと^^

自分はこういう所にこそ向いているんじゃないかって思いました^^ 

 

結局、お言葉に甘えて送ってもらうことにしました。

彼は「ターミナル」の戸締まりをして(ほんとに大丈夫なん?^^;)から、車を回してくれました。 

 

 

T_dsc_7316

空港の中を通って出口へ向かいます。

ちょっと意外な光景。

時期に関係ない?

 

 

T_dsc_7318_2

車に驚いたのか、鳥たちが飛び立ちました。

青空に真っ白な鳥たちがきれい!

 

 

T_dsc_7319

海だ。

まっすぐが伊江港。

ということは、海沿いの道はこの先ということか。

 

 

T_dsc_7326

うおぉ、どんどん降りていく。

ということは、自転車だとこれを上らんといかんの???

しんどそ~!

だって、沖縄は梅雨明けで真夏だよ。

しかもカメラとレンズの入ったリュックもあるし。。。

でも、道は色々あるだろうし、何とかなるよね、と自分に言い聞かせていたのでした。

 

(つづく)

|

« 6月27日 伊江島へ | トップページ | 6月27日 伊江島 その2 »

コメント

エアードルフィンを知らなかったの?
私が阿嘉島に通いつめていたときは那覇-ゲルマ間は定期便があって7400円くらい払って一人旅をしていましたが定期便がなくなってからはエアードルフィンを利用していました
懐かしいね といっても昨年だったか乗った(笑)その時石川の電源開発のタワーを撮ったのですね
石川と恩納があんなに近いのは私も最近知りました 伊江島もステイはしていないけれどとてもいい海でまた行きたいなあ

投稿: eikosan | 2007年11月30日 (金) 22時17分

こんにちは、eikoさん
慶良間というと無くなってしまった琉球エアーしか知りませんでした^^
慶良間は座間味に2度行っただけなので、何の迷いもなくクイーン座間味で行くものだと思ってました^^
エアードルフィンの慶良間線に乗ると、他島地域だからさぞやきれいでしょうね。
来年は乗ってみたいと思いますが、年に一度の機会に今回みたいに晴れる確率って、いかにも低そうで、きれいな慶良間の景色を見るまで何年かかるのかなという気もします。
それに、泊まらないと空港から何の足もないというのが今回調べて分かりましたので、エアードルフィンに乗るとしたら、乗っていった機材でまた那覇に戻るしかないかなと思っています。
もったいない気もしますが、晴れていて写真が撮れたらそれでいいかなと思います^^
伊江ステイというのも悪くないかもしれませんね。
本島からだと、風の向きで行けないことも多いみたいですから。

投稿: RAKUとび | 2007年12月 1日 (土) 07時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 6月27日 伊江島へ | トップページ | 6月27日 伊江島 その2 »